ポルトガルでオーガニックコットンの展示会開催中

オーガニックコットンの資本投資に対する利益の割合を最大にするため、最善の実務のあり方・浮上している問題点・戦略などを学び、討論するための会議と販売場からなる展示会が開催され、オーガニックコットンの生産・販売に関わる人々が集う。この国際的なオーガニックコットンに関する会議と販売は、10月14日から17日までポルトガル北部ポルト市で開催中。


ワークショップの基礎コースでは、オーガニックコットンの概要について講義を行う。内容は、生産・加工・産地・オンラインでの追跡・表示・認証などについてである。会議では、オーガニックコットンに対する投資について、「利にかなった成長」「新しい技術の導入」「環境との調和」「情報の透明性」という四つの視点から、討論を行う。2008年度の販売場は会議中毎日オープンし、オーガニックコットンの生産販売に関わるすべての人々と買い手をつなぐ機会となっている。販売は会議に先立って、毎朝開始され、会議時間終了後も終日オープンしている予定である。出展者のリストは会議開催前に、ネット上で公開される。
特別な機会として、会議の出席者は近郊の認証を受けた工場の見学に招待されている。出席者達は、工場見学では、世界オーガニック繊維基準(Global Organic Textile Standard)の認証を受けた紡績・織物工場の操業を見学し、質疑を行うことができる。出席者はさらに、会期2日目の夜にはTaylor Port Cellar のスペシャルディナーに参加することになっている。そこで参加者はポートワインについて学び、試飲をし、すばらしい食事に舌鼓を打ち、その日の出来事についてゆったりと会話を楽しめるというわけだ。 
※参照URL
http://wwworganicexchange.org/

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る