イタリア、初のオーガニックパン屋のための学校

イタリアで初となるオーガニックパン屋のための学校がボローニャで開校した。スオロ・エ・サルーテ(イタリアの検査認証機関、「土壌と健康」の意)のレポートによると、パスタ・マードレ協会が、地域でパン屋をオープンしたいと思っている人や、今は従来の方法でパンを焼いているがこれからオーガニックに転向したいと思っているパン屋、これまでとは異なった雇用の機会を探している人々を対象にこの取組を開始したとのこと。


コースの内容はパンの準備から始まり、エマー種やカムート種のような小麦を使ったり、植物の種子を入れた特別なパン生地の作り方、さらに、ケーキ、ピザ、パイ、またその他の焼き菓子へと進んで行く。
加工の実践講座の間には、健康的な栄養の原則といったような座学も準備される予定。
学校はオザノ・デッレミリア(ボローニャ)のヴィラ・トッレにある古い住宅に薪オーブンを設置するなど手を加えて学校にした。最初のコースは2008年10月4日に始まり、その次は11月に開催される。
参照:http://new.suoloesalute.it
Organic-Market.Infoより
http://www.organic-market.info/

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る