オーガニック衣類の需要増加

オーガニック衣類の需要が増加している。イタリア国立国際貿易協会によると、H&M(スウェーデン発祥、ヨーロッパとアジアを中心に展開されているブランド。2008年9月に日本に上陸)やC&A(ドイツ発祥、ヨーロッパを中心として展開されているブランド)のような大手チェーンは、市場の需要に従い、認証を受けたオーガニックやフェアトレードによるコットンを原料とした製品をより多く提供しているという。


同団体はまた、85%の消費者が、環境に優しい方法、搾取的な労働環境を生み出さない方法で生産された衣類に対しては、喜んで多く支払うだろうという調査結果を得ている。
Greenplanetの報告によると、2009年のH&Mの目標は、衣類の生産に使用されるオーガニックコットンの総量を3,000トンから4,500トンに増やすとされている。そしてC&Aは、オーガニックコットンで作られた衣類の数量を10倍にする意向を示している。現在、C&Aという企業は、ヨーロッパの16カ国で1,250万着のオーガニック衣類を販売しており、世界でも有数のオーガニック繊維の買い手である。
http://www.greenplanet.net
Organic-Market.Infoより
http://www.organic-market.info/

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る