スイス:2008年オーガニック分野が力強い成長

2009年3月24日、スイスのオーガニック統括組織であるBio Suisseは、2008年度スイスオーガニック農業に関する最新の数値を発表した。発表によれば、2008年スイスのオーガニック市場は11.2%もの高い成長を遂げた。また農家軒数は現状維持で、現在全農家数の11.9%にあたる。


2008年スイスのオーガニック市場は高い伸びを示した。オーガニック製品の売上高は、約11.2%増加し、14億4千万スイスフラン(約10億ユーロ、約1300億円)であった。これはスイス市場全体の4.9%を占める。一般の食料品が5.6%の成長だったのに対し、約2倍の成長である。
75%のオーガニック食品は2大スーパーマーケットチェーンのCoop(市場占有率50%)とMigros(市場占有率24%)で販売された。直売所(市場占有率5.1%)や専門小売店(市場占有率15.6%)も売り上げが増加した。ディスカウントストアもオーガニック市場で存在感を増してきたが、売上高は700万フラン(約6億3千万円)とまだ非常に少ない。
また、オーガニック生産者と農地に関しては、2008年5589の生産者が、Bio Suisseの基準に従い生産を行っていた。これはスイスの全農家の10.7%に相当している。これらの生産者に加えて、522の農家がBio Suisseの認証は受けていないが、スイスオーガニック法に従って生産を行っている。合計するとオーガニック農家数は6111軒になり、全農家数の11.9%に相当する。これは前年に比べて、0.6%の増加である。オーガニック農地面積は121,000ヘクタール。このうち、112,000ヘクタールがBio Suisseで認証を受けた農家によって運営されている。
参照:http://www.organic-world.net/
Organic Europeより
http://www.organic-europe.net/

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る