最新データ: 世界のオーガニック農地面積は3220万ヘクタール

FiBL(オーガニック農業調査機関) と IFOAM (国際有機農業運動連盟)がBioFach 2009で明らかにした世界のオーガニック農業に関する最新統計によると、オーガニック基準にしたがって認証を受けた農地は2007年末時点で3220万ヘクタールにのぼる。 広大な牧草地が広がるオーストラリアが世界トップの座を維持し (1200万ヘクタール)、以下アルゼンチン (280万ヘクタール)、ブラジル (180万ヘクタール)が続いている。


オーガニック農地面積を地域別にみると、トップ3は順にオセアニア (37.9%)、ヨーロッパ (24.1%)、ラテンアメリカ (19.9%)。各国の農地面積に占めるオーガニック農地の割合は、オーストリア (13.4%)やスイス (11%)などアルプス地域の国々で最も高い。市場調査会社 Organic Monitor (オーガニック・モニター社) の調べでは、2007年、世界のオーガニック生産物市場は460億米ドル(約4兆4160 億円) を超える規模に達し、生産物の大半は北米およびヨーロッパで消費されている。
参照:http://www.organic-world.net/index.html
Organic Europeより
http://www.organic-europe.net/

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る