フランス:ヘビーメタルフェスティバルでのオーガニックのケータリング

へルフェストは、世界でも最も大規模なヘビーメタルの祭典で、今年は7万2千人を超える来場者があった。20社の企業がケータリングフードを出店し、そのうちのいくつかは特別に趣向を凝らした食べ物を提供した。


Salles地方にあるフレンチレストランAux Graines d’Assiettesは、フライやチキンカレー、ビーフ料理やクレープといったオーガニックフードを提供した。スタンドはたくさんの人でにぎわい、フレンドリーなスタッフが、オーガニックや食べ物の成分に関する質問に対して、豊かな知識とやさしさをもって丁寧に答えてくれた。
Uri Greenは4年連続でヘルフェストのパートナーとなった。このフランスの組織は、簡単な行動によって地球やそこに住む生き物を尊重するという気づきを高めることを任務としている。祭典では、リサイクルのためのゴミ収集用にプラスチックバッグが配られた。ゴミは集められた後に分別された。また、たばこのポイ捨てを避けるために携帯灰皿が配られた。中でも注目すべきは、ペットボトルキャップを集めるとポイントになるというもので、それはバーでドリンクと交換できる代用貨幣として与えられた。今年は、およそ10万個のキャップが戻され、同様に、リサイクルのために2000個のバッグが集められた。
Organic-Market.infoより
(翻訳:ボランティア 殿村江美さん)

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る