イギリス;ホールフーズマーケット損失を報告

アメリカのチェーンストアのホールフーズマーケットは、再びイギリスにおける損失を報告した。


ロンドンに旗艦店を出店し、イギリスにおける食のショッピング革命を期待し続けて3年経つが、企業は9月期末までのこの一年で、430万ポンド(約5億9千万円、マイナス12%)の損失を計上した、とガーディアンは報告している。収益には、大きな損失を出してきたブリストン店の閉店が大きく影響した。
これらの損失は、2008年に計上した3590万ポンド(約49億2千万円)に比べるとかなり少なくなった。ホールフーズは「運営損失が減ったことは喜ばしいことで、また、商品企画、商品構成、価格の変革は財政状況の改善に貢献したと思う。また、郊外を含むロンドン地域全域おいて、“活発な購買拡大の可能性”がある」と述べた。
事業は、ケンジントンのハイストリートで大規模な店舗を、他にもロンドンの裕福なエリアで以前はフレッシュ&ワイルドだった小規模な店を4店運営する。小規模な店舗は、カムデン、ストークニューイートン、クラハムジャンクション、ソーホーエリアにそれぞれ位置する。ホールフーズは2004年にこれらを獲得した
Organic-Market.infoより
(翻訳:ボランティア 殿村江美さん)

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る