オーストラリア:優れた学校菜園を支援する新しい取り組み

オーストラリアのオーガニックを代表するNPO であるBFAの運営するBFAオーガニック学校菜園「リーダー スクール」プログラムでは、オーストラリアの小学校10校に対し、支援を行っている。本プログラムは、園芸活動のプログラムや、その発展への注力が秀逸な学校に対し、表彰したり、ほうびを授与したりといったことを行っている。また、プログラムに登録している学校に対し、オーガニック認定肥料やミミズ、雑草防止シートを提供し、また授業カリキュラムに取り入れられてるオーガニック園芸の授業へのサポートも行っている。


2010年5月には、BFAは、オーストラリア国内の小学校向けに、無料の国家プログラムとして、オーガニック学校菜園プログラム(OSGP)を公開している。OSGPは、オーガニック学校菜園を発展に向け、学校を支援するため、またオーガニック園芸について、子どもたちが実践的で楽しめる方法でかつ、国内の教育カリキュラムの優先事項や要件を満たしつつ、教えていくために開発されてきた教育プログラムだ。
既に、国内の本プログラムへの毎月の登録数は、平均して50校を超えており、今回新たに4つのサポートプログラムを開発、提供を開始した。学校における学習経験の機会を作り、ネットワーク作りの機会、資金調達、その他サポートを提供する「リーダー スクール」もその中に含まれる。近年、世界中で盛んに学校菜園プログラムが行われるようになり、BFAオーガニックスクールガーデンプログラムのマネージャーJane Burnsは「調査を行ったところ、(本プログラムの与える)効果に関して非常に有意義なデータが得られた。それは、良好な社交スキルの獲得、健康的な食事の選択方法や学力への好影響、環境へのスチュワードシップ(責任を持って管理すること)の育成といったことだ。」と述べている。
本プログラムは、以下のサイトで資料の閲覧、ダウンロードができる。
http://www.organicschools.com.au/
—————————–
Organic-Market.infoより
(翻訳:ボランティア 大久保 麻里子さん)

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る