オランダ:オーガニックショップが組織化

オーガニック食品専門店の企業家たちは、オーガニックのお店の協会であるBiowinkelverenigingを設立した。様々なオーガニック食品を扱う80以上の企業家が既にメンバーになっている。協会は、取り扱う商品全体の少なくとも80%以上オーガニック食品を提供している、オランダのチェーンと独立した店舗であれば誰でも入会可能である。

各小売業者、例えば、健康食品店、オーガニックショップ、肉屋、パン屋、農場のお店やオンラインストアなどが、協会に参加することができる。

Biowinkelverenigingは、自家経営の奨励、オーガニック製品の品質の向上、オーガニック製品への付加価値の付与を目指している。他の目標は、ロビー活動と情報の伝達、そして生産者から消費者に至るオーガニック食品に関係する人々をつなげることである、とBionextは伝える。

2011年のオランダにおけるオーガニック食品の売上は、17%以上増加した。

協会は、Bionextの理事会に参加している。会費の一部はBiotextに支払われ、オーガニック関連の一般的な利益のためとオーガニック食品店向けの特定の支援活動に利用される。加盟店は、顧客向けコミュニケーションのための追加の支援も受けられる。

Biowinkelverenigingは、オランダのオーガニック農業と食品のための統括組織であるBionextの3つの柱の1つだ。

2012年春に、オーガニック農家と園芸家は、自分たちのための新しい協会であるBioHuis設立のため力を合わせた。また、数年前から、流通と加工業者は、Vereniging Biologische Producenten en Handelと呼ばれるオーガニック生産者と通商協会(VBP)を組織化している。BioHuisとVBPは、Bionextの鎖組織であり、他の柱である。

詳しい情報(オランダ語)は、こちらを参照のこと。

 

出典: Bionext

Organic-Market.infoより

(翻訳:ボランティア  秋山 ゆかりさん (Carrie Akiyama))

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る