欧州研究エリア、国境を越えた新研究プロジェクトの募集

6ヶ国の参加により、新たな試験的募集が開始されている。この公募は「真の共有基金」と呼ばれるファンドシステムを使用している。「真の共有基金」によって、申請者は、それぞれの国の資金提供額による制約なく、関係国からのパートナーと連合団体を組織することができる。資金提供団体は、ファンドを共通かつ中央管理された基金に共同出資し、そこからプロジェクトのパートナーらに資金を分配する。オーストリア、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、スイス、イギリスが参加する。

主題研究分野は「持続可能で効率的な取り扱いとオーガニック農業における二次的肥料の使用」で、86万ユーロの資金が準備されている。この公募は、手続きは1回で、締切りは2012年11月7日。詳細については以下参照のこと:公募規定募集要項 CORE Organicの研究セミナーは2012年11月30日にパリで行われる。

 

ERA-net*が「CORE Organic II」と呼ぶヨーロッパの国境を越えた研究プロジェクトは、欧州21ヶ国の 26のパートナーによる組織で構成されている。CORE Organic IIの主な目的は、共通のリサーチ優先順位に同意し、パートナーから資金提供を受ける国境を越えたリサーチプロジェクトを選択することだ。ERA-netは2010年3月に発動され、3年間有効。国境を越えた公募、リサーチプロジェクトの開始、プロジェクトの監視と結果の宣伝、ファンドモデルの考案を行う。

 

 

*ERA-net:European Research Area(欧州研究エリア:ヨーロッパにおけるあらゆる研究、開発活動、計画、政策などからなり、ヨーロッパ全体レベルに開かれた国を超えた知識や技術を研究者たちが共有、補足しあい、シナジー効果をえられるようにするため用意された)が第6回の研究と技術発展の枠組み計画(FP6)を発足するにあたって、より強化するために新しく導入したスキーム。

 

出典:Core Organic II

Organic-Market.infoより

(翻訳: ボランティア 越川 加奈子さん)

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る