オーストラリア:オーガニック農法を研究するためのコスト削減

オーガニック農法を学びたいオーストラリアの生産者は、現在、非常に安いコストでそれができる。
オーストラリアのオーガニック業界の代表団体Biological Farmers of Australiaとオーストラリア政府は、国家労働開発基金を通じて助成資金を確保し、55名の学生のためのオーガニック農法講座の費用を助成している。「これにより、より多くの関心のある人々に対してこうした学習機会が提供されることになるだろう。」とIFOAMは報告している。

 

農業(オーガニック栽培)ディプロマ(修了証)は、生計を立てるためにそれを望む人や、それで既に生計をたてている人は誰でも入手可能で、オーガニック転換や、さらにオーガニックシステムを発展させていくための、展開計画に焦点をあわせた18ヶ月のカリキュラムが組まれている。

これまでに、このコースからは200名の学生が卒業しており、これはTAFE NSW Riverina Instituteを通じて通信教育で提供される。参加者には、支援のためその地域のメンター(助言者)が一人紹介される。

農業におけるディプロマ(オーガニック栽培)に関する詳しい情報は、emailあるいはTAFE NSWのウェブサイトから入手可能。

 

出典:IFOAM

Organic-Market.infoより

 

(翻訳:ボランティア 秋山 ゆかり (Carrie Akiyama)さん)

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る