北朝鮮におけるオーガニックプロジェクト

北朝鮮のオーガニック業界の発展は非常に初期の段階にある。「北朝鮮のオーガニック知識への架け橋(BOKK):北朝鮮におけるオーガニック農業の発展のための能力開発」と題されたプロジェクトが、IFOAMと北朝鮮のオーガニックステークホルダーにより共同で実行に移された。現地で活動にあたるのは、北朝鮮において現時点で唯一IFOAMから認証を受けた会員の平壌国際新技術経済情報センター (PIINTEC)だ。

プロジェクトの総期間は、2012年1月1日の開始後48ヶ月、とIFOAMは伝える。プロジェクトに関する詳細情報はこちらを参照のこと。 

 

類似する活動への新しい公募が、最近、欧州委員会の食料安全保障のテーマ別プログラムの下で開始された。適格なIFOAM会員らに応募が奨励されている。申込手続は大変複雑で長いので、公募に関するガイドラインとこちらから入手が可能な全ての書類を慎重に分析することが奨励されている。書類の申込み締切は2012年9月17日(構想の覚書きと全提案は後日提出するものとする)。

 

出典:IFOAM

Organic-Market. Infoより

(翻訳: ボランティア 越川 加奈子さん)

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る