オーガニック農業のシンポジウム ISOFAR

アジアのオーガニック農業に関する第二回ISOFAR国際シンポジウムが、2012年9月17日に韓国の天安にある檀国大学国際会議場で行われる。
8人の基調講演者が演説をするために招待された。

テーマは、オーガニック種子、輪作、除草管理、生物多様性、畜産、オーガニック廃棄物の処理、オーガニック農業と地域の発展など、農学や家畜生産の広い範囲にわたっている。

・チュニジア、Mohamed Ben Kheder氏:オーガニック種子と苗の生産

・韓国、Sang Mok Sohn氏:土質検査と最適な施肥戦略

・ドイツ、Ulrich Koepke氏:輪作とマメ科植物

・ハンガリー、Laszlo Radics氏:オーガニック農家のための農業生態学的な雑草管理

・デンマーク、Ilse Rasmussen氏:オーガニック農業における研究の影響~デンマークにおける15年の研究事例から

・ノルウェー、Anne-Kristin Loes氏:エネルギー生産と栄養リサイクルに向けたオーガニック廃棄物の処理~土壌の生物と生産力(肥沃度)への影響~

・ドイツ、Ulrich Koepke:生物多様性とオーガニック農業

・中国、Wu Wenliang氏:中国山東省博山区のオーガニック農業と地域開発の事例研究

・ドイツ、Gerold Rahmann氏:さらなる努力を必要とするオーガニック畜産の実践と科学における今後の課題

 

出典:ISOFAR

Organic-Market.Infoより

(翻訳:ボランティア 秋山 ゆかり(Carrie Akiyama)さん)

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る