英国:先駆的な食料生産と教育のプロジェクト

フード・フロム・ザ・スカイ(Food from the Sky:空から食べ物)は、ロンドン北部にあるThornton’s Budgensというスーパーマーケットの屋上にある先駆的なパーマカルチャーによる食料生産と教育のプロジェクトだ。このプロジェクトは、都市における食料やスーパーマーケットと健全で持続可能な関係に着想を与え、育むことが目的である。

これは、屋上での食料生産と、個人、学校、スーパーマーケットのチームメンバーたち、諸団体のための教育プログラムの実施を通して行われている。食料生産と消費に対するこれまでとは違うアプローチを確立することによって、他のコミュニティー・グループ、スーパーマーケット、団体が簡単に利用することができる、12ステップのテンプレートを構築することを目指している。フード・フロム・ザ・スカイは、 Thornton’s BudgensThe Positive Earth Project、そして地元のコミュニティーの共同プロジェクトだ。

 

英国食品・飲料連盟がつい最近、Thornton’s Budgens環境リーダシップのブロンズ賞を授与した。Thornton’s Budgensは、地域に焦点をあてた環境問題の解決への取り組みが評価された。独立小売店であるThornton’s Budgensのビジョンは、地域の食料品店は、生命に対してより肯定的なアプローチを促進し、感動を生み出すビジネス実践の偉大な手本となることで、地域コミュニティーの中心にあるべきだということだ。

 

Pennies for Plasticは、買い物客にビニール袋の使用を止めさせるためのこの小売店のキャンペーンだ。誰かがビニール袋を一回使わないごとに、 Thornton’s側が1ペニー(約1円)を地域の慈善基金や団体に寄付するというものだ。キャンペーンの開始以来、1,250万個以上のビニール袋が埋め立て地に行かずに済み、125,000ポンド(約1,651万円)以上のお金が、45以上の地域の慈善事業や団体に寄付されたという。

 

 

出典:Organic-Market.Info

(翻訳:ボランティア 大畑  恵里さん)

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る