米国:食品アレルギーと農薬

科学的な研究が、農薬と自閉症、注意欠陥多動性障害、パーキンソン病、アルツハイマー、がんとを関連付けている。今やオーガニック農業者を支持する理由がさらに存在することになる、最近の研究では農薬と食品アレルギーが関連している、コルヌコピア研究所はと報告する。

米国ニューヨークにあるイェシーバー大学アルバートアインシュタイン医学校の研究者たちは、通常農薬に使用される化学物質ジクロロフェノールの尿レベルの高さと食品アレルギーとの関連性を発見した。

研究内容はアレルギーとぜんそく、免疫学の論文審査のある専門誌に発表され、「ジクロロフェノールの過度の使用は、西洋化された社会における食品アレルギーの発生率を高める一員になっている可能性がある。」と結論付けている。この研究の筆頭著者であるElina Jerschow博士によれば、「我々の研究結果が示唆しているのは、これらの傾向が関連しているかもしれないこと、そして増大する農薬および他の化学物質の使用がより高い食品アレルギー患者数とつながっているということです。」という。コルヌコピア研究所によれば、USDA(米国農務省)の研究は、オーガニックフルーツや野菜は、有毒な農化学物質の残滓レベルの含有量が明らかに低いことを示していた。子どもの食品アレルギー発生は、米国で増加を続けており、同国の疾病対策予防センターは、1997年~2007年で18%増加しているという。さらなる情報はこちらから。

 

出典:コルヌコピア研究所(The Cornucopia Institute)

Organic-Market.Infoより

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る