フランス:環境映画フェスティバル

第30回国際環境映画フェスティバルが2013年2月19日~26日に開催される。このフェスティバルはフランス、イル・ド・フランス地方によって2004年より運営されており、環境問題や社会問題について発見や交流の場になることを目的としている。

長編、中編、短編、ドキュメンタリーにフィクションといった140を超える世界各国からの作品が全作品無料で提供される。いずれも環境、社会、人間、持続可能な発展について一般市民の関心を喚起する内容となっている。

 

同フェスティバルはまた次のような討論も用意している。「都市農業:付帯現象?持続可能な解決法?農業が都市にやってきた。農業生産そして都市および都市周辺のこれからの景色にどのような影響があるのか?」「2030年、食卓には何が上っているのだろう?革新と、食品浪費と生物多様性破壊との闘いの間で、私たちに将来何が残されるのだろう?」

 

国際環境映画フェスティバルは、環境と持続可能な発展を考えるイル・ド・フランス地方によって実施される活動の一環である。今年はパリ17区のシネマ・デ・シネアストで大半の作品が上映され、他の同地区の映画館もこのフェスティバルに参加している。

 

さらなる情報はこちらから(フランス語)

 

出典: Ile-de-France.fr(フランス語)

Bio-Marché.Infoより

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る