Core Organic II パートナーら、資金提供先のプロジェクトを選定

Core Organic IIのパートナーらは、第2回目の募集の中から資金を提供するプロジェクトを選定した。テーマ別の研究分野から1つずつプロジェクトが選定された。選定されたプロジェクトは、英オーガニックリサーチセンターのThomas Döring氏による「COBRA – 多様性のためのオーガニックな植物の栽培活動」と、デンマークオールフス大学のアグロエコロジー学部のEgon Noe氏による「健全な成長:ニッチ市場から完全性と信頼を備えたマス市場へ」だ。

このコンソーシアムの要約と参加国リストは、Core Organic IIのWebサイト内「COBRA」と「健全な成長」に関するページにて閲覧可能だ。Core Organicによる「真の共有基金」への募集は締め切られた。現在、審査期間中で、2013年2月21日には資金提供がされるプロジェクトの発表が行われる。第一回目の募集から選出された11の研究プロジェクトは2011年9月から2012年1月までの間に開始した。

プロジェクトコーディネーターらによるプレゼンテーションがOrganic Eprints、あるいは、要約という形でCORE Organic II プロジェクトのパンフレットにて紹介されている。CORE Organic IIが主導するプロジェクトは、結果とともに2013年5月15日にオランダで行われる会合にて発表される。

ERA-netによるヨーロッパの国境を越えた共同研究プロジェクト、CORE Organic IIは21ヶ国から26のパートナーによる組織で構成されている。CORE Organic IIの主な目的は、共通のリサーチ優先順位に同意し、パートナーから資金提供を受ける国境を越えたリサーチプロジェクトを選択することだ。 ERA-netは2010年3月に発動され、3年間有効。

 

出典:Core Organic II

Organic-Market. Infoより

(翻訳: ボランティア 越川 加奈子さん)

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る