カナダオーガニック市場価値 37億カナダドルに達する(約3000億円)

オーガニック食品に対する広範囲な支援が成長を促す

2012年カナダのオーガニック市場は、オーガニック認証を受けた食品・飲料の国内販売額が30億カナダドルに到達し、全体で37億カナダドル(輸出を含む)になるまでに成長した。(2012年の1カナダドルは81.45円) 
カナダにおけるオーガニック食品市場は2006年以来3倍となり、その他の農業食品部門の成長率をはるかに凌ぐ勢いだ。多様な消費者基盤がオーガニック食品部門を動かし、現在では58%のカナダ人が毎週オーガニック食品を購入している。

カナダ・オーガニック協会事務局長マシュー・ホームズは「2009年政府は業界の要請に応じ、オーガニック表示に対する消費者の信頼を得るため厳しい基準と商品の表示義務を実行した。そして、このような強固な市場成長と継続した消費者のオーガニックへの傾倒という結果が出たことに非常に満足している。」と述べた。

調査結果の第一の焦点となったブリティッシュ・コロンビアでは、3分の2の消費者が毎週オーガニック食料雑貨類を購入しているとのことだ。この州では流通経路全体で好調な売り上げを示し、国内全体のオーガニック食品・飲料市場の価値の23%を構成した。

     

今回の調査への資金提供: Loblaw Companies, Taste of Nature, UNFI Canada, Whole Foods Market and the Organic Sector Development Program (OSDP)
OSPDへの資金提供: Agriculture and Agri-Food Canada's Canadian Agricultural Adaptation Program(The Investment Agriculture Foundation in British Columbia運営)

 

カナダ・オーガニック貿易協会はカナダのオーガニック分野向けの会員制貿易協会であり、生産者、運送業者、認証機関、農業協会、代理店、輸入業者、輸出業者、コンサルタント会社、小売業者そしてその他のオーガニック関連業を代表している。カナダ・オーガニック貿易協会(COTA)の使命は、環境、農家、公共経済の利益のために有機的貿易の成長を促進し、保護することである。

COTAは詳細な国内市場と消費者分析を2013年9月に公開する見込みだ。

2013年5月6日

翻訳:長谷川 かよ

出展:organic-world.net

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る