NYタイムズが警告:仏ワインには殺虫剤が多すぎる

出典:bastamag.net

フランスワインの中に殺虫剤が多すぎる。
これは、ニューヨーク・タイムズ1月2日版の社説で批判されたことである。
確かに、オーガニック農業で生産されたフランスワインの割合は2007年の
2.6%から2012年の8.2%に移った。しかし、この進歩にもかかわらず、
年間11万トンの殺虫剤を使用するフランスは、米国と日本に続く世界第3位、
ヨーロッパ最大の殺虫剤使用国である。

このアメリカの日刊紙は2013年2月に行われた調査で、分析されたワインの
90%に残留殺虫剤成分が検出され、なんと中には1ワイン中に9種類もの
殺虫剤成分が確認されたと述べている。
アメリカは輸出額において第2位、量において第6位の市場であり、フランス
ワインには悪い宣伝である。

ニューヨーク・タイムズは、ブドウ栽培者らが、ブドウ畑の農薬散布を
拒否することにより提訴される事態に直面していることに驚いている。
11月末にBasta!で取り上げたように、最長6か月の禁錮刑と最大3万ユーロの
罰金が科されることになっている、ブルゴーニュ在住バイオダイナミック農法
のブドウ栽培者もそうである。殺虫剤の予防的使用を拒否するオーガニック
生産者を犯罪者としてみなすことは、フランスの持続的農業実践への移行を
促進することはない、とこのアメリカ紙は警告している。

?2014年4月14日 

?

翻訳: 勝矢あゆみ

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る