アースデーだけじゃなくて、アースマンス!

今月22日は、地球のことを考えて行動する日、「アースデイ」。

アースデイは、1970年アメリカのG・ネルソン上院議員が、4月22日を”地球の日”であると宣言、環境問題についての討論集会を開催することを呼びかけ、それに対して全米で2000万人以上ものの人が集まった集会がきっかけで制定されました。

環境問題への関心が高まり、アメリカにて環境保護庁の設置や、各種環境保護法が整備されるきっかけになり、
その後の定着のための運動もあり、全世界へと広がっていきました。国連でも2009年に「国際母なる地球デー」として採択されています。

今年のアースデイ、何をしますか?
今年は何か違うことをしてみませんか?

私の住む地域にある「Urban Ecology Center:都市環境センター」では、”誰が一日だけで地球について学び、その素晴らしさについて祝うことができるでしょうか?私たちは、4月22日のアースデイだけじゃなく、4月いっぱいのイベントを開催します。私たちの一ヶ月の持続可能な生活についてめぐるプログラムに参加しませんか?” と、一ヶ月に渡り、色々なワークショップなどを開催しています。

アースデイ、と「1日」だけじゃなく、アースマンス!
環境や社会問題について学んだり、イベントに行ったり、掃除のイベントに参加したり・・色々な方法があるかと思います。

私の今年のテーマは、「実際に行動すること」。
東京にいたときは、アースデイ東京に参加していたのですが、今年は、消費だけのループから抜けて、「掃除!」をしたいと思います。上記の都市環境センターでのボランティアと、ミルウォーキーを流れる川の上流から下流までかけてクリーンキャンペーンが行われるので、近くの公園の川の掃除に行ってきたいと思います。こちらのイベントのいいところは、老若男女が集まって活動をし、友達も誘って参加したりなど、カジュアルに参加できて、Tシャツを配っていたり、終わった後には野外で音楽とランチが楽しめるパーティが待っていたりと、楽しいイベントであることも、気軽に参加できて良いなぁと思います。

アースデイ東京は、一年でも楽しみにしていた、とても好きだったイベント。なんで好きだったのか、考えてみました。

ポジティブなエネルギーがもらえること。
参加する人、ライブする人、お店を出している人、
非営利団体などで、活動について広めている人、
大企業のブースで、企業のCSRの活動について広めている人、
野菜を売っている人・・

色々な立場の人がいますが、共通して感じられることは、「大事だと自分が思うことに対して活動している」ということで、みな、晴れやかな気持ちのよい笑顔。そんなところから、元気がもらえる気がします。

確かに環境問題など、課題が山積みなことは、よく聞く話で、分かってること。でも、そんな大きなレベルで個人にできることはないと、無力感にとらわれるのではなくて、「アースデイ」が制定されたきっかけでもあったように、まずは「知る事」そしてそのことについて「話し合う事」他の人とそのことについて共有して、広めていくこと。

それが今私たちにとって必要なこと。アースデーでは、そんなポジティブなエネルギーが集結していて、そこに触れて参加することによってエネルギーを貰えるような気がします。できることから、一歩づつ。
その一人一人の力が大きくなっていけばいくほど、現状を変えていくことができるのだと思います。

私の好きな言葉で、下記のようなものがあります、マザーテレサからの言葉みたいです。
「Thoughts
-Watch your thoughts; they become words.
-Watch your words;they become actions
-Watch your actions;they become habits
-Watch your habits;they become character
-Watch your character;for it become your destiny.

思考に気をつけなさいそれはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさいそれはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさいそれはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさいそれはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさいそれはいつか運命になるから」

変化は、思考を変えるとこから始まっているというところが好きです。

私たちが、「何にもできない」と思って閉ざしていたら、きっとそのまま。でも、みんなが前向きな気持ちを持って、実際に行動に変えていったら、変わると思うのです。身の回りはもちろん、選挙など、ハード面で大きく変わる決断に参加するのもとても大切なことですよね。

正しい情報を知り、自分の意見を持ち、実際に行動すること。それは、「環境問題」に限らず、自分の人生にも関係してくるのかな、とも思います。自分が気持ちがいいと思える生活、環境や自分以外の誰かにとっても優しい生活をデザインするということ。自分の生活や人生の選択について責任を持つことにもつながるような気がします。

まずは知る事、そして自分の意見をもってそれを伝えたり、やりたいことをやること。
オーガニックなライフスタイルとはそういう根本的なところにつながっていくような気がします。

まずは、その「思考」から。

あなたは今年のアースデイ、アースマンスに何をしますか?

Aki S. Norton

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る