ダノンのオーガニックシリーズが成長を続ける

出典:Ouest-France-Entreprises
ダノンのオーガニックシリーズ、レ・ドゥ・ヴァッシュ(Les 2 Vaches)から今月、2つの新製品が発売された。ダノンが唯一フランス国内に所有するモレー=リットリー(カルヴァドス県)の乳製品加工場で、オーガニック牛乳を原材料に製造されている。
*レ・ドゥ・ヴァッシュ:日本語で2頭の乳牛の意。パッケージに2頭の乳牛が描かれている。
レ・ドゥ・ヴァッシュシリーズは2015年に、2桁以上の成長目標を掲げている。2013年に創立100周年を迎えたこの工場へのオーガニック牛乳供給は、ノルマンディー地方の計25軒の酪農家およびオーガニック酪農組合Biolait(20%を供給)から行われている。慣行・オーガニック酪農を合わせて194軒の酪農家から提供されている8,500万リットルの牛乳のうち、オーガニック牛乳は600万リットルを占めている。工場には8つの生産ラインがあり、レ・ダネット「グラン・ド・マリス」、フィヨルドヨーグルト、プチスイス・ジェルヴェ、ダイエットシリーズ「タイユフィン」のフランなど、48,000トンの製品が生まれている。
乳製品製造に特化したダノン系列会社ストニーフィールド・フランスによると、工場で使われているオーガニック牛乳は約8,000トンで全体の16%以上を占め、7,000トンのヨーグルトを生産している。ストニーフィールド・フランスはレ・ドゥ・ヴァッシュシリーズを通じ、国内で販売する牛乳由来のヨーグルトのうち4分の1をオーガニックヨーグルトとして販売している。

翻訳ボランティア:中尾裕子

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る