食の未来について希望をもたらす101の事実

フード・タンク(米国)はよりよい食料システム構築に関する今後の展望、イノベーション、成功事例などを強調している。チャド共和国での女性の土地の利用権からオーストラリアでの都市緑地、英国のシェフから米国の地元からの持続可能な食料供給まで、何百もののイノベーションが、食の未来について希望を与えている。

フードタンクは、食卓、ビジネス、リサーチ、科学者、出資者、提供者、政策立案者に持続可能な食料支援システムの構築、支援を手助けするような食料システムにおける101の非常に有望な事例について特集している。例として、この12年間、欧州でのオーガニック農地が毎年50万ヘクタール増加していることが明らかにされた。欧州の24%、ラトビアでは41%のオーガニック農家の責任者を女性が占めている。WWOOF (World Wide Opportunities on Organic Farms) は世界を旅しながら将来のガーデナーが持続可能なオーガニック農業について学ぶ機会を与える60以上の国で交換プログラム(ファームでの労働と食事・宿)を手配していることなど。

フードタンクは安全、健康で栄養バランスのとれた食卓がある国際社会を形成することを目的としている非営利団体である。 環境、社会と経済的に持続可能な、飢餓、肥満と貧困を軽減する方法、食料システムの変革を進めるための意義、人々、団体のネットワークの形成について焦点をあてている。 さらなる情報は、フードタンクのウェブサイトより閲覧可能。

翻訳: Aki S. Norton

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る