地元の野菜や食材を食べることは、氷水なしでできる支援

マーケット写真

Miluwaukee Journal Sentinel 2014 August 27 food 1面
[Eat Local offers doable challenge with no ice]記事より下記行間抜粋

地元の食材を食べることを説明する理由も、同様に様々だ。よりよい味わいや新鮮な食材を得ること、自分が食べている食材について知ること、家族経営の農家を支援すること、地元経済の強化、二酸化炭素排出量の削減、四季の変化に触れることなどが理由として含まれる。(55行から60行まで抜粋)

アイス・バケットチャレンジに参加しない?
ここには他の選択肢がありますよ。
氷水で頭がキーンと痛くなるようなこともなく、
Facebookに投稿することもなく、ルールさえありません。

ただ2週間、継続的に日々の食事をできる限り家の近くから調達するように取り組むこと。

9月1日から15日に開催される、この「ミルウォーキー・イート・ローカル・チャレンジ」(ミルウォーキーの地元の野菜や食材をなるべく食べるようにする取り組み)は、今回で7年目になる。この2週間、ウィスコンシン南西部の人々は、基本段階である、「心のこもった食事」を摂ることが求められる。(1行から18行抜粋)

「この取り組みのスポンサーでもある、「イート・ローカル・ミルウォーキー」の団体は、「今よりも意識して地元の食材を食べること」を目標とするよう奨励している。

「ローカル・フード」の定義は、少し流動的だ。それはただ、近くで育てられたり、飼育されていたということだけでなく、地元企業によって加工や販売されている食材のこと。(42行から44行抜粋)

地元の食材を食べることを説明する理由も、同様に様々だ。よりよい味わいや新鮮な食材を得ること、自分が食べている食材について知ること、家族経営の農家を支援すること、地元経済の強化、二酸化炭素排出量の削減、四季の変化に触れることなどが理由として含まれる。(55行から60行まで抜粋)

翻訳ボランティア:Aki S. Norton

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る