フェアトレード市場における継続的な成長

出典: Fairtrade International

フェアトレード・インターナショナルの最新の報告によると、フェアトレードのマークが貼られた製品を購入する消費者の数は、農家と労働者へのフェアトレードのオファーの質や関係性が深められていく間に、ますます増加し続けている。
この世界をリードするエシカルラベルは、フェアトレード認証製品の世界的な小売売り上げが、2013年に55億ユーロ:約8127億円に到達したと同様に、力強い継続的な成長を遂げている。

フェアトレードをリードする製品の中で、2013年の売り上げは、コーヒー (8%), 砂糖 (22%), バナナ (12%)と 花 (16%)増加している。

一番の成長市場は、フェアトレードマークが導入された2012年より、フェアトレード製品の売り上げが3億ユーロ(約443億円)に伸びている米国、新たな新興国市場のインドとフェアトレード生産国としての南アフリカに参加し、自国の市場でもフェアトレード商品の急速な伸びが見られる、ケニアが含まれる。ドイツは安定した23%の年間成長に続き、6.5億ユーロ(約961億円)の抜きん出た消費者小売売り上げで、英国に次ぎ、第2位の市場の地位を確立した。
同時に、国際フェアトレードは、供給網の末端にいる人々へより多くの機会を与える計画の広範囲に及ぶいくつかの構想ついても報告した。今日では、1400万人以上の農家と労働者が、74カ国、1210の生産団体に所属している。

追加の強調項目として、振興成長市場であるチェコ共和国、香港、韓国は全て自国の年間消費者売り上げが倍増したことも報告された。売り上げ高トップの生産者によって受け取られた報奨金、フェアトレード・プレミアム*1が、約8600万ユーロ(約127億円)以上に達し、小規模農家団体は、その86%を生活協同団体の強化と、農家へのサービスへと投資した。

11の企業は、フェアトレードのコットンとココアの購入量を毎年増加させることを保障した、新しいフェアトレード原料調達プロジェクトに契約し、2014年単独で、130万ユーロ(約1.9億円)の追加のフェアトレード・プレミアム基金*1がココア農家へと届けられる。

生産者によって運営されている地域フェアトレードの団体、フェアトレード・アフリカは、アフリカと中東の労働者のサービス納品を引き受けた。125カ国で、3万以上もののフェアトレードの小売製品が売りに出されている。フェアトレード・インターナショナルの年間レポート「2013-14 Strong Producer, Strong Future」の全文はこちらのページからダウンロード可能。

*1フェアトレード・プレミアム(品物の代金としてではなく地域の社会開発のために使われるべき資金。使途は各生産者組合によって決定される。)詳しくは、フェアトレードジャパンのウェブサイトからどうぞ。

翻訳: Aki S. Norton

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る