菜の花畑を浄化する、遺伝子組み換えの蛾?

2014.10.27
出典:inf’OGM

アメリカ農務省は“遺伝子操作をした実験用のコナガ(OX4319)を自然界に放つ”という2011年 にオキシテック社から要請された自然環境に対して影響のある研究についての検討を始めた。コナガは主にキャベツやセイヨウアブラナなどの他のアブラナ科の植物に付く寄生虫だ。この研究の目的は、野生のコナガを徐々に繁殖不可能にすることだ。

今後この研究について討議され、いくつかのNGO団体(GeneWatch、Center for Food Safetyなど)は全体的に不完全な効果について告発する予定である。遺伝子組み換えされた蚊、ミバエに続き、今まで常に不透明で欠陥のある評価にも関わらず、
このコナガがオキシテック社の新しい改革の目玉である。

さらに詳しい情報はInfogm.org を参照(仏語)

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る