どうしてオーガニック鶏肉を購入するのか?

image

2003/07/11 出典:英国土壌協会

鶏がどのように育てられ、加工されているかを気にしている消費者はオーガニック家禽についてもっと知りたいと思っている。 テレビや新聞の報告によって、成長速度を速める為に多くの鶏に対して、成長促進用抗生物質などの薬が与えられていることが明らかになった。抗生物質は、自然な換気もなく、じめじめして、ぎゅうぎゅう詰めな状態で鶏を飼育する場合に広く使用されており、そのような場所では病気は急速に蔓延する。

しかしながら、オーガニック農家は、鶏が極力自然な状態のまま育てられるよう多くの手段をとっている。そしてオーガニック食品の加工業者も、厳しい基準に従わなくてはならない。
・成長促進用抗生物質は使用禁止。
病気の鶏は適切な動物用医薬品で治療されなくてはならないが、鶏に定期的に薬品を与えてはならない。
・英国土壌協会の農場では、1ユニットあたりの鶏の数は1000羽までに制限されている。集約養鶏農場の場合、同じ大きさの小屋に40,000羽程度が飼育されることもある。
・鶏は放し飼いで育てられ、悪天候の場合を除き、日中はいつでも清潔な牧草のところへ移動できること。
・鶏は、(出荷までに)自然に成長するのに必要とされる81日間は飼育されること。
スーパーで売られている大部分の鶏は42日間で屠殺されている。
加えて、英国土壌協会は、鶏肉加工品の完全で明確な表示を固持している。英国土壌協会の鶏肉加工品に使用された全ての原料について、農場までさかのぼることが可能である。

そして英国土壌協会の基準では、食品の加工は可能な限り少なくすると定めている。水素化合された脂肪など、人体の健康に危険を及ぼす可能性のある食品添加物を使用することは禁止されている。 オーガニック規定は法的に義務付けられたものである。全てのオーガニックに関わる事業は認可制で、最低年に一回は完全に検査される。英国土壌協会は英国の中心的なオーガニック食品の認証機関である。 オーガニック家畜がどのように育てられているか見たいという方は、英国土壌協会の40にのぼる公開農場に訪問が可能です。詳しくは、英国土壌協会のホームページをご覧ください。
翻訳:ボランティアチーム 渡

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る