オーガニック農業に向けたアクションプラン、アンケートの結果

66号にて以下の紹介を行った。
・・・そして、この(オーガニック農業に向けた)アクションプランをさらに発展させるため、欧州委員会は2003年2/6〜3/16日まで、関連機関/団体や一般市民からのアイデア、意見を募集する。これは、ホームページ上で参加が可能で、事前資料となる文書を読んだ上で、マーケティング・トレーサビリティ・ロゴ・基準・リサーチなど12の項目について、意見を述べることができる。・・・


 
この結果が、現在欧州委員会のホームページにて紹介されている。(英語)
http://europa.eu.int/yourvoice/results/244/index_en.htm
 内容は以下のとおり。
<<回答者の居住国>>
(EU15カ国)
フランス261 オーストリア159 イタリア143 ドイツ124 ベルギー79 英国71 スペイン63 スウェーデン44 デンマーク43 オランダ34 フィンランド18 ルクセンブルグ13 ポルトガル10 ギリシャ9 アイルランド4
(EU外ヨーロッパ)
チェコ18 スイス9 ノルウェー4 ポーランド3 スロヴァキア3 ハンガリー2 キプロス1 エストニア1
(ヨーロッパ外)8
<<回答者の職業>>
消費者515 農家133 国内組織124 アドバイザー106 流通38 国際的組織36 教授24
1.マーケティングについて
オーガニック製品の販売のため、様々な開発促進することは、
 非常に重要777 重要である228 あまり重要でない55 避けるべき29
2.土地の選択について
特に環境的な側面から保護が必要な土地を対象にオーガニック農業を進めることは、
 非常に重要560 重要である322 あまり重要でない109 避けるべき86
3.アドバイスサービスについて
農家同士で技術的な情報交換を促進することは、
 非常に重要697 重要である339 あまり重要でない38 避けるべき10
4.CAP(共通農業政策)について
CAPがオーガニック農業発展の支援を保証することは、
 非常に重要869 重要である137 あまり重要でない41 避けるべき37
5.トレーサビリティについて
トレーサビリティとオーガニック食品の信憑性を保証することは、
 非常に重要814 重要である236 あまり重要でない26 避けるべき4
6.ロゴについて
EUロゴの使用を強制化することは、
 あまり重要でない371 重要である361 非常に重要257 避けるべき75
7.民間基準について
EU基準の上に付加的な基準や検査要項がある場合、情報(共通のデータベース)にアクセスできることは、
 重要である532 非常に重要306 あまり重要でない138 避けるべき54
8.検査方法について
検査方法、検査手続き、監督、監査と、欧州委員会の検査も含めた、検査システムに関わる全ての人々の効果的な協力関係を調和させることは、
 非常に重要662 重要である336 あまり重要でない43 避けるべき23
9.輸入について
輸入品が、EUの製品ならびに発展途上国に関するEUの取引契約と公正に競争しているということを保証するために、適切な標準化の手続きを取ることは、
 非常に重要683 重要である305 あまり重要でない45 避けるべき24
10.基準について
生産方法や資材がオーガニック農業の原則に準じている、と保証するために必要な、どこからも影響されない、優れた、透明なアドバイスを与える団体の設立は、
 非常に重要465 重要である435 あまり重要でない92 避けるべき51
11.統計データについて
生産、消費、取引(EUの輸入と輸出)の公的な統計データを恒久的にとり、伝達することは、
 重要である544 非常に重要278 あまり重要でない206 避けるべき18
12.調査について
食品の安全と質という観点から、オーガニック農業における調査に効果的に資金を拠出することは、(それには、新製品や加工方法の開発、オーガニック農業の環境面での持続性、またオーガニック食品と在来食品との比較研究にまで拡大する調査も含まれる)
 非常に重要738 重要である249 あまり重要でない51 避けるべき25
<<最後に>>
・このアンケートについてどう感じましたか?
 期待通り803  不満がある161
・それはなぜですか?
 あまりに一般的63 要旨に不適切32 理解するのが難しい17
 短すぎる15 技術的すぎる12 長すぎる4

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る