チェコのオーガニック市場、2011年には4倍に

2006年、チェコ共和国のオーガニック食品売上げは、前年比プラス2億5千万チェココルナ(約14億2500万円)であり、年間総額にして7億6千万チェココルナ(約43億3200万円)、49%増の目覚ましい成長が見られた。昨年のヨーロッパにおいて、チェコ共和国のオーガニック市場は最も急速な成長を遂げたといえるだろう。これらの数値は今年5月にグリーンマーケティング社より発行されたレポート『チェコ オーガニックフードマーケット2007』に基づいている。


オーガニック製品のなかで、輸入食品は65%増の成長を見せ、昨年の年間売上げの56%を占めている。食品全体の消費のなかでオーガニック食品が占める割合は0.35%。チェコで一人当たりオーガニック食品を購入する平均価格は2.65ユーロ(約438円)。「これは中央・東ヨーロッパの国々の中では圧倒的に良い数値だが、隣のオーストリアでは昨年、平均73ユーロ(約12,000円)の消費があり、それにはまだ遠く及ばない」と、レポートの著者Tom Vaclavik氏は述べている。昨年のチェコのオーガニック食品売上げを購入店別に見て行くと、大型スーパーマーケット、スーパーマーケット、薬局を合わせて全体の67%、健康食品とオーガニック食品店で28%。およそ3%のオーガニック食品が個人経営の一般食品店で購入され、約2%は農場から直接購入されていた。
チェコのオーガニック市場が驚くべき成長を遂げたのは、オーガニック食品を販売するさまざまな小売店が急増したことが主な理由と考えられる。特にスーパーマーケットのBilla(Reweグループ)やDelvita(元Delhaizeグループ、Reweグループに売却された)、そして大型スーパーのIntersparは、生鮮食品や牛乳、パンなど自社ブランドのオーガニック製品を拡大してきた。チェーン展開のドラッグストアdm-drogeriemarktでもまた、昨年はドイツのブランド「Alnatura」でオーガニック製品の売上げが著しい成長を見せた。また専門業社もこの市場成長のために重要な役割を担ってきた、とTom Vaclavik氏は付け加える。オーガニック専門店では、主に輸入製品で、販売するオーガニック製品の種類を継続的に拡大してきたのだ。グリーンマーケティング社の予想では、チェコのオーガニック食品市場は今後5年間で急速な成長を続け、2011年まで年平均35%増、最終的に1億1500万ユーロに達する。今回のレポート『チェコ オーガニックフードマーケット2007』ではまた、「チェコで誰がオーガニック食品を買っているのか?」という疑問に答えを出そうとしてきた。2006年現在、全人口のわずか3〜4%がオーガニック食品の定期的な購買者で、オーガニックが何かを理解し、不定期で商品を購入している層が25%。購入者の典型は25〜44歳の女性で、高学歴・高収入で都市に住んでいる。40%以上のチェコ人が自国産のオーガニック食品を望んでいる。
3年間の不振期を経て2006年、チェコ共和国のオーガニック農場の数は134件(16%)増え、全国で963件。オーガニック耕作地面積では26,553ヘクタール増の、総面積281,535ヘクタールとなった。全国の農場に対して、オーガニック農場が占める割合は6.61%(2005年は5.98%)。うち16%の農地はオーガニックへ転換中である。2006年、1件のオーガニック農場における平均面積は292ヘクタール。この成長の主な理由は、EUの新たな「地方発展政策2007-2013」のもとオーガニック農家への経済的支援が増加したこと、また国内・国外ともオーガニック製品に対する莫大な需要があることがあげられる。昨年、食料作物を生産する耕作地は2,713ヘクタール(13%)拡大し、23,479ヘクタール(全オーガニック面積の8.7%)に達した。永久草地(牧草地)が全体の82%を占めるがこれは22,234ヘクタール(10.5%)の増加である。全オーガニック製品の中で、圧倒的に大きな売上げを占めているのは穀類で、2006年は25,000トン(スペルト小麦、麦、小麦)に達した。家畜製品の中では牛乳と牛肉が最も大きなシェアを占める。昨年はまた、オーガニック食品製造業の増加も見られる。27件が新たに増え、全国で152件になった。残念なことに、農場における食品加工の例はいまだ少なく、それは主に、厳しい衛生・獣医管理の基準によるものであり、それには巨額な投資を必要とする。
●『チェコ オーガニックフードマーケット2007』について
このレポートを発行するグリーンマーケティング社は、オーガニック・ビジネスのマーケティング・コンサルタント企業。対象はチェコ共和国とその他CEE(中央および東ヨーロッパ)諸国における、オーガニック農家、製造加工業者、貿易業者、小売業者など。グリーンマーケティング社ではまた、CEEの自然食品・オーガニック市場に参入しようとする他国の企業にも協力している。グリーンマーケティング社社長のTom Vaclavik氏は、国際的な「オーガニック小売業協会(Organic Retailers Assoxiation、www.o-r-a.org)」の代表を務める傍ら、「Czech Organic Action Plan Team」では、「オーガニック食品のマーケティングと加工処理部門」のリーダーである。
グリーンマーケティング社:
Green marketing、Ph.: +420 541 263 456, E-mail: tom@greenmarketing.cz, www.greenmarketing.cz
Organic-Market.infoより
http://www.organic-market.info/

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る