H&M社、オーガニックコットンの使用を増加

ヨーロッパ市場第二の売り上げを誇る販売業者、H&Mはその2007年の目標であった100トンのオーガニックコットン使用をすでに上回った。同社は、オーガニックコットンは2004年から扱い始めていたが、衣類に特別なラベルは付けていなかったと述べた。初年度だった2004年には、5トンのオーガニックコットンが使用された。


このごくわずかな量が、2005年には50トンに増加した。それというのも、「少なくともTシャツのシリーズのうち1つはオーガニックコットン100%で作る。」と主張したステラ・マッカートニーによるコレクションが立ち上げられたからだ。
2006年にはH&Mは30トンのオーガニックコットンを使用し、2007年8月の初めまでに、すでに160トンが同社の数々のコレクションに取り入れられた。H&Mはこれらのオーガニックコットンをトルコ、中国、バングラディシュ、インドから調達している。
参照:Ecotextile News
http://www.ecotextile.com/headline_details.php?id=643
Organic-Market.Infoより
http://www.organic-market.info/

関連記事

アーカイブ

項目別

ページ上部へ戻る